愛知県西尾市と幸田町

愛知県西尾市の情報はコチラ


西尾市役所

西尾市にやってきました。
ココ最近で幡豆郡一色町、吉良町、幡豆町を吸収合併して巨大化した西尾市です。

美味しいものが沢山あるので楽しみですね。



西尾市歴史公園

西尾市歴史公園は、西尾のシンボル「西尾城」の一部を復元し観光地化を勧めるスポットです。
では、ココで西尾名産の抹茶を頂くことにしましょう。



旧近衛邸

ココで抹茶を一服いただけます。
シルバー人材の方々が運営されていて、気持ちよく抹茶を頂けます。






こんな庭園を目の前に抹茶を一服する心地よさです。
日頃の疲れを癒してくれますね。

ちなみに奥に見えるのが本丸丑寅櫓です。
てっきり「西尾城か!」って思っておりましたが、
抹茶を一服頂きながら「アレは遠くをみる櫓なんですよ〜」って教えてくれました。






本丸丑寅櫓に上ってみました。

中は2階まで上れるようになっていて
小さな小窓から下を眺めることができます。




三河工芸 ガラス美術館

ココにはギネスブックにも掲載されたことのある
巨大万華鏡が展示されています。

とはいっても2002年の頃の技術で作られた万華鏡になるので、
最新のアートを忘れて10数年前の技術であれば非常に良い出来だと思います。

ただし場内は撮影禁止なので、
なにもご紹介できません・・・。





・・・が


ココにはちょっと変わった展示物がありましたよ〜。



どうですか?
ガラス工芸には縁も所縁もない「てっぽう展示館」ですよ!



映画で使用された銃を説明と共に展示してあります。
手前はキアヌが使用したベレッタですね。



ジェームスボンドさんのワルサーですね。



裕次郎さんのニューナンブまで展示してあったりします。w



場内にはスワットさんもいて
緊張感溢れるつくりになっていました。

きっと偉い人の趣味で作ったんでしょうね。
www




お腹も空いたので一色さかな広場で腹ごしらえです。

ここ旧一色町は鰻の養殖で有名な土地ですので、
鰻を食していかなければいけません。


一色うなぎ漁業協同組合さんが直営するうなぎ屋さんです。

次から次へとお客さんが入ってきて繁盛しております。
焼き場ではひたすら鰻を焼き続けております。

お陰さまで席について5分くらいで提供されるので
比較的回転は速いようです。



じゃん
うな丼+ごはん大盛り ¥1950です。

絶滅危惧種の噂も高い鰻様ですので、
大切に頂いてきました。

ウマ〜〜〜〜〜





西尾市の最後の締めは三ヶ根山スカイラインです。
ココは125cc以下通行禁止の有料道路なんですよ〜。

きっとKSRで走ったのはケン@が初めてでしょう。w


山頂付近で写真をとるも、ガスッてて何も見えない・・・。




山頂付近からちょっと行くと廃屋と化したホテルもあったりして
暗くなってから走ると超怖い感じのルートでした。




幸田町役場

今日は隣の幸田町もセットで走ってきました。
ここ幸田町はサーキットを有する素敵な町なんですよ〜。



幸田サーキット

初めてやってきました。



山の中にあって非常に良い感じのサーキットです。
けっこう広いのでいつか走ってみたいな〜。

何気に幸田サーキットの周辺道路には
往年のローリング族対策で「土日9:00〜19:002輪走行禁止」の標識があります。

今更的な感じがしますね〜。




帰り道に「道の駅筆柿の里 幸田」に立ち寄ってきました。
柿の時期は秋なので、特に目ぼしい物はありませんでしたが・・・。




里山の五平で筆柿五平¥300を頂いてきました。
オバちゃんが元気に焼いてくれます。

炭火でじっくり焼き上げてくれていて5分くらいノンビリお茶しながら
色々とお話をしてきました。

メニューにある「ヘボ入り五平餅」ってありますが、
ココの地方で「ヘボ」と言えば蜂の子を指します。

大スズメバチの蜂の子をすり潰してコクをだすのだとか・・・。
受注品ってなっているのですが、オバちゃんの旦那さんがスズメバチの巣を採ってきたときに
冷凍保存しておくんですって。

タイミングをみて提供しているから「食べたかったら連絡先を教えてってな〜」ですって。

ちなみに「ヘボ入り五平餅」は¥500ってなっておりまして
+¥200は旦那さんの危険手当なんですって。www

是非一度ご賞味下さいませ。




写真は筆柿五平餅です。
黒くなっているのは、干し柿なんですよ〜。

ウマ〜



戻る