東村山市

東村山といえば「志村けん」さんの「東村山音頭」ですよね~。

若い世代は知らないか…。

www

東村山市の情報はコチラ

2015・11・28 晴れ



東村山市





和菓子処 餅萬 総本店

志村けんさんの同級生が営まれている和菓子屋さんのようです。

大きく「だいじょうぶだぁ饅頭」って書かれていますね。





だいじょうぶだぁ饅頭は5個セットでした。

店内でイートインもできるようなので気軽に立ち寄ってみても良いと思います。

今回は東村山名物を頂くのでお土産にして帰ってきております。w





中華料理 ぼん天

今日は武蔵村山市のB級グルメ「黒焼きそば」を食べに来たんですよ。





黒焼きそば

「イカ墨」と日本酒の「黒酒」を合わせて

スパイシーなソースに仕立ててあります。

結構真っ黒で食欲がそそられません。

食べログを見て頂ければわかるかもしれません。

あくまでも個人の感想です。

一口目、二口目は新しい味との出会いに面白く頂けますが、

けっこう味付けが濃く、あっという間に飽きました…。

追い打ちをかけるように、真っ黒なソースが食欲を減退させてくれます。

もしかしたらビールと一緒ならいいかもしれません。





くめがわ電車図書館

東村山のとある団地の一角には

電車図書館なるものがあります。





電車の中には所狭しと本が並べられております。

地域の方々がひっきりなしにやってきて本と触れ合っておられました。

あくまでもココは団地の一角になるので

訪れるときはコッソリ、迷惑にならないように伺いましょう。

グーグルのストリートビューでも未掲載地域ですからね。





ハンセン病 資料館

東村山市には国立ハンセン病資料館があります。

病名としてハンセン病、ライ病とは聞いたことがありましたが、

大変な病気で、治療法が確立していない時代に

患者さんが非常な差別を受けてこられたようです。

今でこそ治療法が確立され、十分に治癒できる病気になったようですが、

そんな差別を受けてきた方々の歴史がココにはつづられています。

館内は撮影禁止となっているので

門扉しか写っておりませんが、是非とも訪れて学んで頂きたい場所だったりします。



戻る