中野区

サブカルチャーの街として名をはせた中野区です。

休みの日は混み込みなんで

ナカノブロードウェイはパスします。w

中野区の情報はコチラ



中野区役所

なんか今日はイベント開催日だったようで

区役所看板の前が装飾されていました。




中野区役所の正面玄関わきに

犬の銅像が鎮座しております。

なんとココは「生類憐みの令」で名を馳せた

徳川綱吉公の「犬屋敷」があったようです。

そんなメモリアル像が静かに中野区を守っております。w





中野サンプラザ

中野のランドマークといえば中野サンプラザでしょう。

きっとオリンピックの開催するころには、

この建物も解体され格好いい施設に

変貌を遂げるのでしょうね。





中野駅前

このアーケードを抜けて

中野ブロードウェイへと向かいます。

まだコスプレがマイナーだったころ、

まんだらけのコスプレ店員さんを眺めに

よく遊びに来ました。w





哲学堂公園

中野区を走っていて

いつも気になっていた「哲学堂公園」です。

気にはなるのですが、

止まってまで中を見物したことがなかったので
今回初めて立ち寄ってみました。


この公園は、東洋大学の創立者、

故・井上円了博士によって精神修養の場として創設された、

哲学世界を視覚的に表現し、

哲学や社会教育の場として整備された

全国に例を見ない個性的な公園です。


だそうです。

インターネットの世界で哲学の欠片もなく

遊びほうけているケン@には

素敵すぎる場所かもしれません。




哲理門[妖怪門](てつりもん)

四聖堂の正門にあたり、

この地に天狗松と幽霊梅があったことにちなみ

仁王の代わりに門の

右側に天狗左側に幽霊の彫刻像(田中良雄刻)を置いています。


天狗は物的・陽性、幽霊は心的・陰性なもので

物質界・精神界とも根底に

不可思議が存在しているという

圓了の妖怪観にもとづき、不可解の象徴とみなしました。


この先は非常に難しい哲学感の建物が続きます。www

ちなみに門の中に展示されているのが↓です。

     




六賢台(ろくけんだい)





理想橋(りそうきょう)


もうね、おなかいっぱいです。w





それでも中野区に気持ちの良い自然が広がっていて

区民の憩いの場になっているようです。

池にはザリガニが採れるらしく

子供たちが「あたりめ」をタコ糸につけて一生懸命釣っておりました。





曲がり角

寒い冬に歌う「たき火」ってありますね。

その歌詞にでてくる曲がり角がココです。w

  かきねの かきねの まがりかど

  たきびだ たきびだ おちばたき

  「あたろうか」「あたろうよ」

  きたかぜ ぴいぷう ふいている





カワサキモータースジャパン

カワサキプラザ東京が太田区にありますが、

その前にココ中野にカワサキプラザはありました。

環7沿いのビルになります。

やっぱり最後のシメはココじゃないとね。www





戻る